HOME
   SITEMAP
Google


水平型 バイブレーティングスクリーン

Vibrating screen KVL
(カタログPDF)


振動の原理は、ケージング内に二組の相等しい歯車を有するアンバランスウェイトを相対して装着し、一方の軸にVプーリーを取り付けて回転を与えると他方の軸は同速で反対方向に回転します。この回転中に二組のアンバランスウェイトが二組を結ぶ中心線に対して直角方向に位置した時(右図No1,3)遠心力の和が矢の方向に働きます。次にアンバランスウェイトがその中心線に位置した時(右図No.2,4)は相反対方向に働く遠心力は消滅されて平衝します。すなわち、アンバランスウェイトが1回転する間にこのバイブレーターに生じる合成力は+、0、-、0と変化し結局+、-の力が交互に発生します。このバイブレーターを篩い機本体に45度または50度の傾斜をもって設置し、篩いに振動を与え篩い作用と転進作用を起こさせます。
篩いの架台との取付けは、防振装置としてエリゴ及びコイルスプリングを使用しています。


バイブレーティングスクリーン


No.1      No.2      No.3      No.4
特徴

・40〜1oの原料に篩分け選別に使用いたします。

・独自のバイブレーター機構により強力に効率のよい選別をいたします。

・網の点検、取替えも容易に行える機構となっています。

・砕石、鉄鋼、ゴミ処理、リサイクル等の分野で使用されています。

水平型型式仕様
型  式 段  数 寸  法
(o)
動  力
(kW)
KVL618−1 1 600×1800 2.2×4
KVL618−2 2 600×1800 3.7×4
KVL624−1 1 600×2400 3.7×4
KVL624−2 2 600×2400 3.7×4
KVL918−1 1 900×1800 3.7×4
KVL918−2 2 900×1800 5.5×4
KVL924−1 1 900×2400 3.7×4
KVL924−2 2 900×2400 5.5×4
KVL930−1 1 900×3000 5.5×4
KVL1224−1(U) 1 1200×2400 5.5(5.5)×4
KVL1224−2(U) 2 1200×2400 11(7.5)×4
KVL1230−1(U) 1 1200×3000 11(7.5)×4
KVL1230−2(U) 2 1200×3000 11(7.5)×4
KVL1236−1(U) 1 1200×3600 11(7.5)×4
KVL1236−2(U) 2 1200×3600 11(7.5)×4
KVL1530−1 1 1500×3000 11×4
KVL1530−2 2 1500×3000 15×4
KVL1536−1 1 1500×3600 15×4
KVL1536−2 2 1500×3600 18.5×4
KVL1542−1 1 1500×4200 18.5×4
KVL1542−2 2 1500×4200 18.5×4
KVL1548−1 1 1500×4800 18.5×4
KVL1548−2 2 1500×4800 22×4
KVL1842−1 1 1800×4200 30×4
KVL1842−2 2 1800×4200 30×4
KVL1848−1 1 1800×4800 30×4
KVL1848−2 2 1800×4800 30×4
  ※ 仕様は予告なく変更することがあります。

製品写真


バイブレーティングスクリーン製品写真




傾斜型 バイブレーティングスクリーン

Vibrating screen KVR

 
KV-R型は、一般にリップルフロー型スクリーンといわれている強制振動篩で、アンバランスウェイトを回転させた時に起こる回転軸の振動現象を応用して円振動を起こし、篩分けする機能をもっています。円方向の大きい加振力による成層分離作用と傾斜による進行作用で、中小塊径処理物の篩分けにもっとも適しています。
また、シャワーパイプを装置して水洗式としても使用できます。


バイブレーティングスクリーン
特徴

・用途が広い
構造が頑丈で、性能が安定しているので、大塊径の原石から細粒までふるい分ける広い用途をもっています。

・目詰まりが少ない
ふるい面の傾斜と強力な円振動で、振動効率が高いので目詰まりが少なく、荷重の変動にも安定した作業能力をもっています。

・処理量が大きい
アンバランスウェイトの簡単な調整で、原料の形状や使用条件にあうよう振巾を変えることができるので、処理量は大きく、ふるい分け精度がすぐれています。

・動力費が安い
コイルバネで据付面から完全に遊離しているので、防振効果が高く、動力のロスを防ぎ、動力費を軽減します。

水平型型式仕様
型  式 段  数 寸  法
(o)
動  力
(kW)
KVL618−1R 1 600×1800 2.2×4
KVL618−2R 2 600×1800 3.7×4
KVL624−1R 1 600×2400 3.7×4
KVL624−2R 2 600×2400 3.7×4
KVL918−1R 1 900×1800 3.7×4
KVL918−2R 2 900×1800 5.5×4
KVL924−1R 1 900×2400 3.7×4
KVL924−2R 2 900×2400 5.5×4
KVL1224−1N(H) 1 900×3000 5.5×4
KVL1224−2N(H) 1 1200×2400 5.5(5.5)×4
KVL1230−1N(H) 2 1200×2400 11(7.5)×4
KVL1230−2N(H) 1 1200×3000 11(7.5)×4
KVL1236−1N(H) 2 1200×3000 11(7.5)×4
KVL1236−2N(H) 1 1200×3600 11(7.5)×4
KVL1530−1N(H) 2 1200×3600 11(7.5)×4
KVL1530−2N(H) 1 1500×3000 11×4
KVL1536−1N(H) 2 1500×3000 15×4
KVL1536−2N(H) 1 1500×3600 15×4
KVL1542−1N(H) 2 1500×3600 18.5×4
KVL1542−1N(H) 1 1500×4200 18.5×4
KVL1542−2N(H) 2 1500×4200 18.5×4
KVL1548−2N(H) 1 1500×4800 18.5×4
KVL1842−1N(H) 2 1500×4800 22×4
KVL1842−1N(H) 1 1800×4200 30×4
KVL1848−2N(H) 2 1800×4200 30×4
KVL1854−1N 1 1800×4800 30×4
KVR1854−2N(H) 2 1800×4800 30×4
  ※ 仕様は予告なく変更することがあります。

構造

KV-R型は、振動枠、発振機構により構成され、振動枠中心部に設けられた発振機構により起動されます。
振動枠(上・下)
堅牢なフレーム構造で、鋼板・形鋼によって組立られ、フレームはふるい面支持枠となって織網・打抜網どちらでも取り付けられるよう設計されています。ふるい枠は一床式、二床式があります。
発振機構
発振機構は振動枠中央に位置し、軸と両端のアンバランスウェイトによって発生する遠心力を発振源とする構造になっています。この軸は軸受ボックスを介して振動枠に固定され、発生した遠心力を100%振動枠に伝達します。遠心力(振巾)は軸両端のアンバランスウェイトを増減することで調整します。

製品写真
バイブレーティングスクリーン製品写真



ページトップへ戻る


 株式会社氣工社(気工社)    製品情報  分析・試験  システム・技術  会社案内  仙人秘水
                       サイトマップ   リンク先一覧  メール  資料請求  分析依頼
トップページへ戻る
製品情報
分析・試験
システム・技術
会社案内