Google


外輪駆動方式「タイヤスロンシックナー」

TyreatholnThickener
(カタログPDF)


 骨材プラントから排出される濁水は濃度や性状が激しく変化しますが、「自動省薬コントロールシステム」により効率的に処理され、再利用に最適な安定した水となりプラントへ循環されます
タイヤスロンシックナー

特 徴

・ 外輪駆動方式
レーキの回転は、動力に無駄の無い外輪駆動方式です。
位置を移動せずに固定しているタイヤにより外輪を駆動する為、誤動作や故障も無くメンテナンスが楽で安全です。

・ センターフィード
シックナーのセンサーから廃水を流入させます。
サイド投入方式に比べて、全容積を隅々まで均一に、最も効率良く活用するため、短絡現象などの無駄が無く、薬剤使用量が大変少なくすみます。

・ レーキ自動昇降
沈降したスラリーの量に応じて、レーキは自動的に上下するので過負荷が無く、スラリーを溜めることができます。

・ スラリー自動引抜き
シックナー内に沈降したスラリーのストック量や濃度を検知して、自動的に外部へ引抜けます。

・ 自動省薬コントロール装置
流入廃水の濃度変動に応じて、薬品の注入量を自動的に制御し、常に適正量だけを添付します。

・ 自動薬液溶解装置
溶解機が、薬液タンク内の溶解薬液量を検知して、常に必要な量を溶解する省力装置です。
攪拌効果が良いため、ママコ(ダマ)の発生もありません。

  
型式仕様
型  式 廃水処理量
(m/h)
寸  法(m)
直径×高さ
有効沈降面積
(m
全容量
(m
レーキ回転数
(rpm)
所要動力
(kW)
KTN−8 60〜120 8×4.5 48 235 1/5 0.4×4
KTN−10 100〜200 10×4.5 75 375 1/6.5
KTN−12 150〜300 12×4.5 109 537 1/8
KTN−15 250〜500 15×4.5 172 849 1/9.5
KTN−18 400〜800 18×4.5 247 1226 1/12
KTN−20 500〜1000 20×4.5 304 1524 1/13
KTN−25 750〜1500 25×4.5 479 2450 1/16.5 0.75×4
KTN−30 1000〜2000 30×4.5 690 3580 1/20
※ 廃水の処理量は、廃水の濃度や性状により変化します。
※ 仕様は予告なく変更することがあります。

製品写真

タイヤスロンシックナー製品写真





 株式会社氣工社(気工社)    製品情報  分析・試験  システム・技術  会社案内  仙人秘水購入
                       サイトマップ   リンク先一覧  メール  資料請求  分析依頼
トップページへ戻る
製品情報
分析・試験
システム・技術
会社案内